ぶらんみゅ~ココロに響くサプリ~

ほっこりとうるるに満たされるサプリメントとスキンケアのブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「京都しゃぼんや」の石鹸

IMG_4102l.jpg


 京都に訪れると高確率で立ち寄るのが「京都しゃぼんや」さん。石鹸が大のお気に入り。洗い上がりがさっぱりしてるのにしっとりするところが好きなんです。
 写真が現在のストックです。「ひのき石鹸」「ワイン石鹸」「柚子石鹸」それから「美人石鹸」。「これだけで1年くらい持ちそう(笑)

 「さっぱりしてるのにしっとりする」って不思議でしょ?
 たぶんですけど、それを実現してるのが天然の油脂とコールド製法だと思います。コールド製法で熟成させるから、天然成分を壊さず栄養たっぷりの石鹸が出来上がるんです。
 これを使い始めてから、クレンジングも使わなくなりました。「オイルクレンジング」⇒「固形石鹸」のWクレンジングでも化粧水を浸したコットンでふき取ると、以前はよく洗い残しのファンデーションが付着してました。ところが、「京都しゃぼんや」さんの石鹸で洗ったらアラ不思議!ファンデーションが付かない?

 石鹸はたまに気が向けば「海綿スポンジ」で泡立て直接顔にくるくる回して洗いますが、基本の泡立て方法は手のひらで。天然オイルが生きているからか泡立ちは若干悪いかに思えますが、むしろ栄養がたっぷり肌に浸透するので気にせず手のひらでくるくるクリームのようにマッサージしながら洗顔しています。
 毛穴までじっくり石鹸の美肌成分が入り込んでくるのを実感できるんです。

 石鹸のみのクレンジングのメリットは、お肌の中の細胞間脂質や細胞膜を壊さずに洗うことができるところ。これは後から知ったことですが、一般のクレンジング剤や洗顔剤は肌の取ってはいけないものまで取ってしまったり壊してしまったりするそうなんです。
 「さっぱりするのにしっとりする」という使用感の秘密はこのあたりにありそうです。



胡粉石鹸(洗顔用石鹸)胡粉石鹸(洗顔用石鹸)

上羽絵惣 胡粉ネイル

商品詳細を見る


 管理人が現在使用しているのがこちら。
 胡粉ネイルで有名な京都の「上羽絵惣」と共同開発した品です。

 ホタテの貝殻を使った天然素材のパウダーが入っていて、角質除去の効果が期待できる石鹸で、秋の角質が厚くなりやすい季節を乗り切るために購入しました。毎年ターンオーバーがうまくいかず肌が厚く乾燥しがちでしたが、今シーズンは特にスムーズに乗り切ることができました。洗い上がりは、角質が取れるためかキュッキュッと音がなりそうな肌になります。





 楽天では 「京都しゃぼんや」の直営店、「京のくすり屋」が出店しています。石鹸は「 黒蜜と金時生姜の石鹸 」のみの取り扱いとなっています。

 黒糖が透明感と潤いを与え、生姜が血流を整え新陳代謝をサポートしてくれるんだそうです。
 血行が悪くなりがちな冬の季節に活躍しそうです。
スポンサーサイト

| オーガニックにこだわるスキンケア | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。